[膝痛] 外側の痛み改善方法!

[膝痛] 外側の痛み改善方法!

宮崎県 宮崎市佐土原町 高鍋町 膝痛専門整体院 笑ごころ

 

このブログを見ているということはあなたは変形性膝関節症や膝の痛みで悩んでいると思います。
もしかしたら病院で「手術しかない」と言われたかもしれません。
ただ、少し待ってください。


あなたはこのように思っていませんか?

膝痛治療の5つの間違い
・膝の痛みは変形によって軟骨がすり減っているから
・膝の痛みは加齢のせい
・整形外科で処方された湿布と痛み止めを使えばいずれ治る
・膝に水が溜まったら、注射で水を抜けばいい
・太ももの筋肉を鍛えれば膝痛は治る

もしあなたがこのように思っているなら、
ハッキリ言います。


すべて間違いです。



膝痛治療の5つの間違い
1 湿布と痛み止めをすれば治る
膝が痛いのを湿布と痛み止めを使ってその場だけ痛みを軽くしても、結局いたちごっこです。
痛みの原因を消すことはできないわけなので、必ず痛みは再発しますし、一生湿布と痛み止めを使い続けることになってしまいます。


2 注射をすれば治る
これも1の湿布と痛み止めと同じで、注射で一時的に痛みを抑えているだけなので、
その場は痛みが消えて「治った!」と感じるかもしれませんが、それは治った訳ではなく、
一時的に痛みが消えただけでほとんどの場合、痛みが再発してしまいます。
水が溜まって注射で水を抜くのも同じです。



3 膝周りに電気とマッサージをする
膝が痛いからと言って、膝周りに原因があるとは限りません。逆に膝痛の場合、膝に直接の原因があることの方が少ないと思います。
ということは、膝周りばかり治療をしても膝痛の根本治療にはならないということです。



4 太ももの筋肉(大腿四頭筋)を鍛えれば治る
膝痛で病院に通院している方であれば、一度は言われたことがあるのではないでしょうか?
「太ももの筋肉が弱くなってますね。太ももの筋肉を鍛えましょう」
医者にこう言われて、頑張ってトレーニングしていた方もいると思います。
でもそれで良くなりましたか?
もし良くなっていないのであれば、その方法は間違っているということです。
この動画で説明しています。



5 膝の痛みは変形によって起きている
変形性膝関節症の方であればほぼ100%の方が、自分の膝の痛みは「変形」のせいだと思っています。
ただ、これも変形によって直接痛みが起きているわけではなく、筋肉の使い過ぎは重心のバランスによって結果的に変形しているのです。


膝の痛み、変形性膝関節症の症状について
膝の痛み、変形性膝関節症の辛い痛みに悩まされている方は非常に多いです。特に40歳台以降の女性の方に多く見られます。
病院のレントゲンやMRIでも特に異常が無いと言われても、実際に痛みがどんどん酷くなり不安になる方が多いです。軟骨が磨り減っている、間が狭くなっている等の診断をされて、加齢や体重や手術しましょうなどと診断されることがあります。
病院の先生にそう言われると手術しないといけないのかな、と不安になってしまいますよね。でも少し待ってください。
上記の理由は本当に関係ないんです。

今回は膝の外側痛みに対して出来る対策をお伝えします。

↓↓↓

 

 

整体院 笑ごころでは 私一人で施術に携わらせていただいております。そして毎月多くの患者様に通院していただいております。
その一方で宮崎市、児湯郡ではまだまだ膝痛の患者様が多くいて、必要のない手術をすすめられている、手術をしたが全く改善しない、デスクワークが出来ない、立ち仕事がつらい、朝起きるのが苦痛だといった症状で、整形外科や接骨院、整体に通っておられます。
それにも関わらず、ほとんど症状が改善していない患者様が多くいらっしゃるのも事実です。
「このままで良いわけがない」
もしも、あなたが
「この痛みをなんとかしたい。でも治らなかったらどうしよう…」
「このまま痛みや痺れでちゃんと歩けなかったらどうしよう…」
といった不安な気持ちを持っておられるのであれば…
そんな時こそ、整体院 笑ごころにお越しください。

あなたが一歩踏み出した勇気、私が受け止めます。
私の技術はそんなあなたのためにあるのです。
整体院で施術を受けてあなたも諦めていた変化を手に入れて下さい!
膝痛を本気で根本から治したい方はこちらをクリック
膝痛を本気で根本から治したいあなたへ

24時間受付

Follow me!

前の記事

頭痛の治し方♯2

次の記事

膝痛 1分で外側対策運動